”当ページの記事を見ての作業は自己の責任にてお願いします”

”記事の内容について掲載者および投稿者は一切の責任を負いません”

”記事を見てカスタムやメンテナンスなどを行い、
それによって、故障、破損、 事故、 などいかなる事があっても、
掲載者、投稿者は一切の責任は負いません”

”メーカー(車体、部品)の保障、クレームなどを受けられなくなる物もあります”

以上を踏まえた上でご覧になってください。

チョイノリ用メットフォルダーの流用
投稿者:「TSUKA」さん(茨城 No.487)
今回のカスタム情報のご投稿のTSUKAさんは以下の記事のように
スズキのチョイノリのヘルメットホルダーを流用され、
タンデム用などのメットを掛ける場所、
ヘルメットフォルダーの増設対策をされています。

また、エリミネーター250Vの純正のヘルメットホルダーは
後輪脇の部分についているために
サイドバッグなどを取り付けるとヘルメットホルダーが
使用ができなくなりますが、
その対策もこの増設により解決できます。
TSUKAです、こんばんわ〜

子供とタンデムで出掛けたとき、エリミVに子供用メットを
固定しておく方法がなくて困っていました。
つい最近、スズキのチョイノリという格安スクーターの
オプション品が目に留まりました(1050円です)。

写真のように、パイプに挟み込む構造なので、
径さえ対策すれば基本的にどこにでも付きます。

私はアクセルグリップの左横にポン付けしました。
メットを右バックミラーに被せた状態で固定できるからです。

シーシーバー利用の固定方法と同様、
駐車中の雨でも多少は凌げます。

値段が値段なので多少華奢です。
また、付属のキーに「SUZUKI」と書かれていますが、
ま、ご愛嬌ということで(笑)。
お手軽増設に、皆さんもいかがですか?

SUZUKI:ヘルメットホルダー(チョイノリ用)
  商品番号 95700-31860
戻る?
エリミネーター250Vのパーツ検索

エリミネーター250Vパーツの楽天市場での検索

Copyright(C) 2005 EVOC総本部 All Rights Reserved.